Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

盗賊ナルド・アントニオ(Nardo Antonio, bandolero)

ロペへの帰属:否定されている

執筆年代:不明

種類:歴史劇

補足:ミラ・デ・アメスクアの作と推定されている。16世紀後半のイタリアに実在した盗賊マルコ・シャッラ(Marco Sciarra)をモデルにしていると考えられている。

参照元ARTELOPE. Base de datos y Argumentos del teatro de Lope de Vega

 

 スペインの副王領となっていたナポリに、副王としてミランダ伯爵がやってくる。伯爵は清廉潔白な人物である。

 

 伯爵を警護するナルド・アントニオは、忠実な兵士である。彼は長年にわたってレオナルダという娘を愛している。レオナルダの方がナルドよりも高貴な家柄の出身である。レオナルダの父リカルドは二人の交際を認めていたが、レオナルダがまだ若いという理由で結婚を先延ばしにしている。

 

 リカルドはナルドを裏切り、レオナルダをヘラルド男爵と結婚させようと企む。リカルドはナルドが規則違反を犯したとミランダ伯爵に嘘をつく。伯爵はレオナルダとヘラルドの結婚を了承し、ナルドに「レオナルダをあきらめるように」と告げる。レオナルダの結婚式はその日の夜に行われることが決まる。

 

 ナルドはひそかにレオナルダに手紙を渡す。レオナルダはナルドとともに逃亡する決心をする。ナルドは親友の兵士たちや盗賊たちを集めて、レオナルダを奪う作戦を立てる。

 

 ヘラルドはセリアという娘と婚約していたが、彼女を裏切ってレオナルダと結婚しようとしていた。結婚式が始まると盗賊たちが乱入し、ナルドはリカルドを殺してレオナルダを誘拐する。ヘラルドはかろうじてその場から逃げる。

 

  ナルドの率いる盗賊たちはその後、裕福な人々を狙って強奪を繰り返す。しかし彼らは貧しい人々やスペイン人は狙わない。ヘラルドはナルドを裁いてほしいとミランダ伯爵に願い出る。伯爵はナルドを捕えるため、「ナルドを裏切って情報を提供した者には懸賞金を出す」と告知する。

 

 ナルドの部下バティステーラは、懸賞金を得ようと考える。彼は伯爵に「ナルドを連れてきます」と約束した上で、そのことをナルドに伝え、自分より先に裏切り者が出ないよう手を打つ。

 

 レオナルダは男装するが、ナルドはそれをあまり快く思わない。盗賊たちが誘拐してきた人々の中にはセリアがおり、ヘラルドの子どもを妊娠していた。セリアがヘラルドに捨てられたことを聞いたナルドは、彼女の父親の名誉を回復させるため、ヘラルドとセリアを結婚させようと考える。レオナルダは、ヘラルドを殺すことを望む。

 

 ナルドの従者モロンは、ペドロ・ターリャという盗賊がナルドを裏切ろうとしていることを知らせる。ナルドはペドロを信用しているふりをして彼を油断させ、ひそかにペドロを殺す。

 

 ナルドはヘラルドを脅し、死にたくなければセリアと結婚するよう命令する。ヘラルドはナルドを恐れ、結婚を了承する。

 

  レオナルダは、ナルドがヘラルドを殺さないこと、そして自分と結婚しようとしないことに立腹する。ナルドは「私がフランドルの騎兵隊の隊長になり、副王のミランダ伯爵が我々の結婚式の立会人を引き受けてくれたら、その時はヘラルドを殺し、結婚式を挙げよう」とレオナルダに約束する。

 

 スペインびいきのナルドは、裕福なイタリア人の捕虜から服を奪って、貧しいスペイン人の捕虜に与えてやる。また、仲間の妻を奪った盗賊に対しては、ナルドは死刑を命じる。

 

 ナルドはレオナルダの要求に応じてヘラルドを探し出し、セリアの意思は無視してヘラルドを殺す。レオナルダは満足する。

 

 バティステーラはナルドを裏切り、軍隊の隊長とともにナルドを待ち伏せする。裏切りに気づいたナルドはバティステーラと戦い、彼を刺し殺す。ナルドはその後、逃亡を図るが、足を負傷して捕えられる。

 

 レオナルダとともにミランダ伯爵の前に引き出されたナルドは、結婚式の立会人になってほしいと伯爵に依頼する。伯爵はそれを受け入れ、彼らを結婚させる。ナルドは処刑され、レオナルダは修道院に送られる。