Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

アレクサンドロス大王の最大の偉業(Mayor hazaña de Alejandro Magno, la)

ロペへの帰属:議論の余地あり

執筆年代:1614-1618年

種類:歴史劇

補足:『アレクサンドロスの偉業』との類似点があるが、別の作品である。

参照元ARTELOPE. Base de datos y Argumentos del teatro de Lope de Vega

 

  マケドニアの王フィリッポスが裏切り者に殺された後、彼の息子アレクサンドロスが新しい王となる。アレクサンドロスエフェスティオンを軍の指揮官、クリートを給仕係に任命する。

 

 行政官のパルメニオンが、兵士エパミノンダスに率いられたテーバイの反乱を知らせる。アレクサンドロスは軍隊を準備する間、自分の武力を試すために狩りに出かける。

 

 両親を亡くした女性カンパスペは、貧しさを世間から隠すために、侍女のピレーネとともに森で暮らしている。

 

 野生の猪に襲われ、驚いて逃げ出したカンパスペは、泉へ行って水を飲む。すると水面にアレクサンドロスの美しい姿が映る。彼女が辺りを見回すと、岩の上に立っているアレクサンドロスが目に入る。カンパスペは彼にひとめぼれをする。岩から下りてきたアレクサンドロスも、水を飲もうとして水面に映ったカンパスペの姿に気づき、彼女に恋をする。

 

 二人はそれぞれ自分の身の上話をする。アレクサンドロスは10歳の時に愛馬ブケファロスを手なずけた話をする。

 

 アレクサンドロスの前に神話の英雄ヘラクレスが出現し、女性に恋心を抱いたアレクサンドロスを軟弱だと非難する。カンパスペは、それは幻影だとアレクサンドロスに説明するが、アレクサンドロスはすぐに戦場へ行く決心をする。彼は画家のアペレスにカンパスペの世話をするよう命じる。

 

 アペレスはアレクサンドロスの命令に従うが、彼もまたカンパスペに恋をしてしまう。

 

 マケドニア軍はテーバイに勝利し、アレクサンドロスはエパミノンダスを殺す。テーバイの女性ティモクレアマケドニアの軍人から辱められ、その軍人を殺したことをアレクサンドロスに話す。アレクサンドロスはティモクレアを寛大に扱う。

 

 アペレスが自分に恋をしているのを知ったカンパスペは、アレクサンドロスの寵愛を失っても良いように、アペレスの愛情も自分にひきつけておこうと考える。

 

 アレクサンドロスは、アペレスに描かせた自分の肖像画ギリシャへ送る。ペルシャの王ダレイオスは、アレクサンドロス肖像画を部下から見せられ、彼に興味を持つ。ダレイオスは、ペルシャに従属する気があるかどうかを確かめるため、使者のエピトリダテスマケドニアに送る。ダレイオスの妻フェリシアは、肖像画を見てアレクサンドロスに恋をしてしまう。

 

 エピトリダテスからダレイオスの高圧的な言葉を伝えられたアレクサンドロスは怒り、ペルシャとの戦争を決意する。

 

 アレクサンドロスに恋するフェリシアはダレイオスを裏切り、ペルシャの街を攻撃しやすい方法を手紙で彼に教える。しかし、裏切りを利用して勝利することを好まないアレクサンドロスは、わざと最も困難な方法を選んでペルシャに攻め込む。

 

 アレクサンドロスペルシャに勝利し、ダレイオスとフェリシアを捕えてマケドニアに帰還する。

 

 アレクサンドロスが戦争で留守にしていた間、アペレスのカンパスペへの愛は抑えがたいものになる。道化のブーフォはアペレスをとがめる。

 

 マケドニアに戻ったアレクサンドロスはダレイオスを投獄し、フェリシアには住居を与える。フェリシアアレクサンドロスがカンパスペに愛情を示しているのを見て嫉妬する。

 

 アレクサンドロスはアペレスにカンパスペの肖像を描かせる。彼らの様子を見たフェリシアは、アペレスがカンパスペを愛していることに気づく。彼女はアレクサンドロスに彼らの関係を暴露しようともくろむ。

 

 一方、物陰でアペレスとカンパスペの会話を聞いていたアレクサンドロスも二人の関係に気づく。アレクサンドロスは悩んだ末、自分の欲望を抑えて二人を結婚させることを決心する。それは彼にとって最大の偉業と言えるものであった。

 

 アレクサンドロスが、アペレスを含む自分の臣下たちに恩給を与え、ダレイオスとフェリシアに自由を与え、ブーフォとピレーネの結婚も許可して幕となる。

 

lopedevega.hatenablog.com