Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

勝利をもたらした聖母マリア、メレディン・ガリナートの名高き偉業、およびモロンの攻略(Divina vencedora y famosos hechos de Meledín Gallinato y toma de Morón, la)

ロペへの帰属:確実

執筆年代:1599-1603年

種類:歴史劇

補足:13世紀、フェルナンド3世時代のアンダルシア地方が舞台となる。男装の女性が登場する。

参照元

ARTELOPE. Base de datos y Argumentos del teatro de Lope de Vega

 

キリスト教世界のヘラクレス」と称せられるメレディン・ガリナートは、モーロ人を追撃してモロンの地を占領する。

 

 モーロ人の街グラナダでは、グアダラーラという女性をめぐってロサルフェソライデカルディローロという3人の男性が争っていた。グアダラーラが好意を持っているのはカルディローロであるが、グラナダの国王は彼女の意思を無視して、ガリナートに勝利した者と彼女を結婚させると宣言する。

 

 「聖王」と呼ばれるカスティーリャ国王フェルナンド3世は、レコンキスタキリスト教徒によるイベリア半島の再征服)を継続していた。国王のもとに、ガリナートがモロンを征服したという知らせが入る。国王は喜び、彼に報酬を与えることを決める。ガリナートに嫉妬するテーリョは、「彼の戦い方は野蛮で、高貴な騎士のすることとは言えません」と国王に讒言する。

 

 ガリナートがチンコヤの城でモーロ人の奴隷スレーマファティマとともに夕食をとっているところへ、彼の叔父ドン・ロレンソが国王からの報酬を届けに来る。ロレンソはガリナートに、「ある人物が国王にお前のことを讒言した」と教えるが、テーリョの名を言うことは控える。

 

 ロレンソが去った後、ロサルフェ、ソライデ、カルディローロがやってきてガリナートに勝負を挑む。ガリナートが彼らと戦いの方法を議論しているところへ従者がやってきて、ロレンソがモーロ人に拉致されグラナダへ連れていかれたと告げる。

 

 ガリナートは戦いを中断させることができず、ロサルフェ、ソライデを殺す。カルディローロはガリナートの強さを目の当たりにして、彼に取引をもちかける。「自分を殺さずに捕虜にしてくれれば、あなたが叔父を無事に救い出せるよう取り計らうし、自分は命をかけてでもあなたと叔父を解放する」という彼の言葉を聞いて、ガリナートは同意する。

 

 ファティマはスレーマに、自分がガリナートの子どもを妊娠してしまったことを告白する。

 

 カルディローロはガリナートを捕虜としてグラナダの王のもとへつれていく。王は約束通り、グアダラーラとカルディローロを結婚させると宣言する。しかしグアダラーラガリナートを見て、彼に恋してしまう。

 

 モーロ人のひとりの少年が、キリスト教徒の捕虜が持っていた聖母マリアの像を見て、聖母への崇敬の念を抱く。モーロ人たちは怒り、聖母像を破壊しようとする。それを見たガリナートはモーロ人たちと争ってそのうちの一人を殺し、彼とロレンソは死刑を言い渡される。

 

 テーリョは国王に、「ガリナートはチンコヤにある自分の城を捨ててグラナダへ行き、イスラム教徒になるつもりです」と讒言する。国王はそれを聞いてテーリョをチンコヤの城代に任命する。しかしガリナートの従者たちは城の門を閉じてテーリョを中へ入れようとせず、テーリョはやむなく引き返す。

 

 ファティマとスレーマは主人の不在を利用してグラナダへ逃げる。

 

 カルディローロの介入によって、ガリナートとロレンソは処刑を免れる。ガリナートはテーリョが彼の城の城代に任命されたことを聞き、聖母像を持ってロレンソとともにグラナダを去る。その途中で偶然ファティマとスレーマに遭遇した彼は、聖母像を彼らに託す。聖母像を見たファティマとスレーマは、その神々しさに心を打たれてキリスト教に改宗する。 

 

 ガリナートとロレンソは国王のもとへ行き、テーリョの言葉が讒言であったことを告げる。テーリョはガリナートに戦いを挑み、ガリナートは彼を殺す。

 

 チンコヤへ戻ったガリナートのもとへ、男装してグラナダから彼を追ってきたグアダラーラが現れる。グアダラーラはすでにカルディローロの妻となっていたが、ガリナートへの愛を告白する。カルディローロへの恩義を感じているガリナートは彼女を拒絶する。

 

  ガリナートに恨みを抱いたグアダラーラは、カルディローロのもとへ行き「ガリナートに凌辱された」と嘘をつく。カルディローロはガリナートへの復讐を決意する。

 

 ガリナートはロレンソに、自分がファティマの産んだ赤ん坊の父親であることを告白する。ロレンソはファティマの子どもの洗礼式で名付け親になることを約束し、ガリナートはファティマとスレーマを結婚させ、二人を祝福する。ガリナートは、二度とモーロ人の女性と関係をもつことはしないと聖母に誓う。

 

 カルディローロはチンコヤの城を包囲し、ガリナートとの一騎打ちを申し込む。しかし彼の意に反してグラナダの国王が大勢の兵士を送り込み、ガリナートを捕えてしまう。ガリナートと話をしてグアダラーラが嘘をついていたことを知ったカルディローロは、ひそかにガリナートを解放する。

 

 ガリナートは聖母像を持って塔の上に逃れ、聖母マリアに運命を委ねる。塔を昇ろうとしたモーロ人たちは天使たちによって退けられる。グラナダの国王は軍を引いて退却する。キリスト教徒側の、勝利をもたらした聖母への賛美のうちに幕となる。