読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

フェルナン・ゴンサレス伯爵(Conde Fernán González, el)

ロペへの帰属:確実

執筆年代:1606-12年

種類:歴史劇

補足:カスティーリャの実質的な建国者とされるフェルナン・ゴンサレスの生涯を描く。10世紀のスペインが舞台となる。

参照元

ARTELOPE. Base de datos y Argumentos del teatro de Lope de Vega

 

 10世紀、カスティーリャはまだレオン王国の一部だった。カスティーリャを治めていたのはフェルナン・ゴンサレス伯爵であったが、カスティーリャはたびたびモーロ人アルマンソールの軍勢から攻撃を受けていた。

 

 山へ狩猟に出かけた伯爵は、小さな祈禱所を見つけ、そこで対アルマンソール戦の勝利を祈願する。彼は修道士ペラーヨに出会い、勝利を得たときはその場所に聖堂を建て、自分の墓所とすることを約束する。

 

 伯爵がわずかな軍勢でアルマンソールの軍に立ち向かうと、大地が裂けて敵兵を呑み込む。神の加護を確信した伯爵は戦いに勝利する。

 

 村人のメンドは、フェニーサに恋している。しかしフェニーサは父親にすすめられた相手のバルトルと婚約している。彼らの前に勝利を喜ぶ伯爵の軍勢が現れる。村人たちは兵士たちとともに勝利を祝う。

 

 伯爵は自分が宣言したとおり、祈祷所のあった場所に聖堂を建てる。

 

 隣国ナバーラの王サンチョ・アバルカは、カスティーリャがモーロ人と戦っている隙に乗じて攻め込もうと企む。それに気づいた伯爵はサンチョに一騎打ちを申し込む。サンチョはそれを承諾する。

 

 伯爵とサンチョとの一騎打ちは、伯爵の勝利に終わり、サンチョは死ぬ。そこへ再びアルマンソールの軍が攻めてくる。伯爵は神の加護を祈願する。

 

 故人となったペラーヨの幻が現れ、聖ミリャン、使徒聖ヤコブとともに伯爵の戦いを助けると告げる。馬に乗った使徒聖ヤコブの幻が現れる。カスティーリャは勝利する。

 

 フェニーサとバルトルの結婚式が行われる。メンドは彼らを驚かせようと、仲間たちとともにモーロ人に変装してフェニーサを拉致する。そこへ伯爵が現れてメンドたちを捕らえようとするが、メンドたちは自分たちの正体を明かし、モーロ人に変装していたずらをしただけなのだと説明する。

 

 カスティーリャの独立を望む伯爵は、レオン王国で行われる議会への召集に応じず、レオン国王は不満を募らせていた。王妃テレサはサンチョ・アバルカの娘であり、伯爵への復讐を望んでいた。

 

 ようやくレオンにやってきた伯爵は、自分の美しい馬と鷹を国王に高値で売り、「支払期限が一日遅れるごとに価格を倍にする」という条件を付ける。復讐心を燃やす王妃は、姪のナバーラ王女ドニャ・サンチャとの結婚を伯爵に提案する。

 

 ロンバルディアルドビコが、サンティアゴ巡礼の途中でカスティーリャを訪れる。彼はフェニーサとバルトルに迎えられ、伯爵がレオンにいることを知らされる。伯爵に会うことを望んでいたルドビコは残念に思う。

 

 伯爵は、サンチャとの結婚のため、ナバーラへ赴く。しかしテレサの兄であるナバーラ王ドン・ガルシアは、父の仇である伯爵を捕え、投獄する。

 

 伯爵が捕えられていることを知ったルドビコはナバーラへ行き、サンチャに助けを求める。サンチャはひそかに伯爵を逃がし、ともにカスティーリャへ逃げる。カスティーリャの人々は伯爵の帰還を喜び、サンチャを伯爵夫人として歓迎する。

 

  レオン国王は、依然として自分に服従しない伯爵の態度に怒り、議会の召集と偽って彼を呼び出し、投獄する。

 

 夫の投獄を知ったサンチャは、自ら兵を集めてレオンへ向かう。サンチャは巡礼の旅と偽って、叔父のレオン国王に「投獄されている夫に会わせてほしい」と懇願する。国王はそれを承諾する。

 

 伯爵に会ったサンチャは、自分の服と伯爵の服を取り換え、伯爵を逃がす。サンチャの計略を知ったレオン国王は彼女の勇気と伯爵への忠誠心に驚き、彼女を解放する。しかし王妃はその処置を不満に思い、国王を非難する。

 

 カスティーリャ軍と合流した伯爵は、妻を助けるために再びレオンへ向かう。カスティーリャとレオン双方が戦いの準備を整えるが、国王と伯爵は話し合いの場を設ける。

 

 国王は、サンチャを解放したにもかかわらず攻撃するのは恩知らずだと伯爵を非難する。しかし伯爵は、「馬と鷹の支払期限から二年が経過しているので支払ってほしい」と国王に要求する。価格が膨大な金額になっていたため、国王はそれを支払う代わりに「カスティーリャの自由と伯爵の統治権」を認めることを了承し、双方が和解して幕となる。