読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

出生の事情

訳者のコメント・復讐なき罰comentarios sobre "El castigo sin venganza"

 『復讐なき罰』の登場人物フェデリーコは、フェラーラ公爵が結婚前に愛人に産ませた息子という設定です。ロペは、高貴な家の庶子として生まれた主人公がたどる運命を、さまざまなコメディアの中で描いています。『ラ・アルデウエラ』『庶子ムダーラ』『人前では愚かだけれど、本当は賢い娘』『死のうちの婚姻』などがそれにあたります。

 

 たいていの場合、これらの主人公たちは高潔な精神を持ち、大衆の人気の的になるような勇気と賢さによって、逆境に耐えながらもりりしく生きています。

 しかし、フェデリーコの場合は少し事情が違っています。彼は庶子ですが、公爵は彼を後継ぎにしようと考えており、たいへんかわいがっている様子が伺えます。しかし世間はそう見ておらず、フェデリーコが後を継ぐことを快く思わない親族の圧力によって公爵は不本意ながらカサンドラを妻に迎えることになります。フェデリーコは恵まれた環境にありながらも、どこか自信なさげでふさぎ込みがちです。

 

 主人公の複雑な出生の事情というのは、物語を面白くするための要素でもありますが、ロペはフェデリーコの性格を形成する要素としてもそれを用いているようです。

 

lopedevega.hatenablog.com

 

 

lopedevega.hatenablog.com

 

 

lopedevega.hatenablog.com

 

 

lopedevega.hatenablog.com