Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

炭焼き娘(Carbonera, la)

ロペへの帰属:ほぼ確実

執筆年代:1620-26年

種類:歴史劇

補足:14世紀、ペドロ1世(残酷王、また正義王とも呼ばれる)治下のセビーリャが舞台となる。

参照元

ARTELOPE. Base de datos y Argumentos del teatro de Lope de Vega

 

 カスティーリャペドロは、父が愛人に産ませた異母妹レオノールの存在を知る。彼は王位が脅かされることを案じ、レオノールを暗殺するために彼女の住むセビーリャへやってくる。

 

 ペドロの忠実な家臣ドン・フアン・デ・ベラスコドン・フェルナンドは、レオノールの存在が危険だとは考えておらず、暗殺に乗り気ではない。しかしペドロは、レオノールが自分に反感を持つ者と結婚する可能性を指摘し、フアンにレオノールを捕えてくるよう命じる。

 

 レオノールは身の危険を察して逃げようとするが、フアンに発見される。フアンとレオノールは互いに惹かれ合い、フアンはレオノールをひそかに逃がす。レオノールの傍にいた友人イネスも、彼女とともに逃げる。

 

 レオノールはイネスをつれてセビーリャを離れ、自分を養育してくれた裕福な農夫ラウレンシオのいる村へ行く。レオノールの危機を知らされたラウレンシオは、レオノールとイネスに炭焼き娘の格好をさせ、表向きは彼の姪ということにして自宅に住まわせる。

 

 フアンは、レオノールが逃げたとペドロに報告する。ペドロはレオノールへの怒りをあらわにする。

 

 ラウレンシオに雇われている炭焼きの男性ブラスには、メンガという恋人がいる。しかしブラスは美しい炭焼き娘ラウラ(レオノール)を見て心変わりをする。メンガは嫉妬する。

 

 ブラスのもとへ、狩りの最中のペドロが現れる。ペドロは休憩できる場所はないかと尋ねる。ブラスは相手が王であるとは気づかず、ラウレンシオの家へと案内する。道すがら、ブラスはペドロが残酷な王であるという噂について話す。ペドロは、それは王が正義のためにやっていることだと言う。

 

 ラウレンシオの家についたペドロは、ラウラ(レオノール)を見て、その美しさに魅了される。フアンとフェルナンドもペドロに続いてラウレンシオの家にやってくる。ペドロが国王であったと知ってブラスとラウレンシオは驚く。

 

 ペドロはフアンに、自分とラウラ(レオノール)との仲を取り持ってほしいと頼む。ペドロが去った後、フアンとレオノールは再会を喜び、互いに恋心を告白する。

 

 レオノールは暗号でフアンに手紙を書き、それを王宮に届けてくれるようにとブラスに頼む。ブラスは、村の聖堂のオルガンを購入するための嘆願書だと思い、王宮へ出かけてフアンにそれを渡す。フアンが別室で返事を書いている間にペドロがブラスを見つけ、ラウラ(レオノール)がペドロに宝石を求めているのだと勘違いをする。フアンは暗号で返事を書いてブラスに渡す。ブラスは村へ戻り手紙をレオノールに渡す。

 

 ブラスが手紙を届けた直後に、ペドロがフアンをつれてラウラ(レオノール)の前に現れる。ペドロはラウラ(レオノール)を口説くが、ラウラ(レオノール)は「決して私に危害を加えないと誓ってください」と告げる。ペドロは承知する。ペドロは、夜中にこっそりとラウラ(レオノール)の家に忍び込むつもりだとフアンに打ち明ける。

 

 その夜、ペドロは変装してラウラ(レオノール)の部屋の窓辺へ行く。フアンは彼女に危機を知らせようとする。そのとき、ラウラ(レオノール)に恋するブラスと、それに嫉妬するメンガも窓辺にやってきて、けんかを始める。ペドロはラウラ(レオノール)を口説く機会を失い、退散する。

 

 ペドロはラウラ(レオノール)を王宮に呼びよせるようフアンに命じる。フアンはレオノールにそのことを告げ、二人は悲しみに沈む。ラウレンシオは、ラウラ(レオノール)がブラスの妻だということにしてしまえばいいと提案する。

 

 フアンは王宮に戻り、ペドロにラウラ(レオノール)が既婚者であったと告げる。するとペドロは怒り狂い、関係者すべてに復讐すると宣言する。

 

 ラウラ(レオノール)の夫になれると思いこんだブラスは喜ぶ。しかしメンガは嫉妬してブラスをなじる。ラウラ(レオノール)が二人を仲裁しているところへペドロが現れ、ブラスを裏切り者として殺そうとする。

 

 ラウラ(レオノール)はペドロに「あなたが憎んでいる異母妹を引き渡しますから、私と私の夫には危害を加えないでください」と告げる。ペドロはその条件をのむ。ラウラ(レオノール)は、自分こそがペドロの異母妹レオノールであることを告白する。ペドロは約束を取り消すわけにはいかず、復讐を断念する。しかしペドロは、まだブラスがレオノールと正式に結婚していないことを知り、レオノールを自分の信頼できる家臣のフアンと結婚させると宣言する。こうして、思いがけずレオノールとフアンは結ばれることになる。

 

 イネスとフェルナンド、ブラスとメンガも結ばれて幕となる。

 

 

lopedevega.hatenablog.com

 

 

lopedevega.hatenablog.com