読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

バレンシアのらんちき騒ぎ(11/12)

『バレンシアのらんちき騒ぎ』(Los locos de Valencia)

 (旅の騎士と、彼の従者となったレオナートが登場。)

 

騎士 レオナート、私はさっきまで、
 マントで顔を隠しながら、
 この名高いバレンシアの市内をしばらく散策していたんだが、
 最も興味をひかれるのは、この精神病院だ。
 病院と名のつく施設の中でも、
 これはとくにすばらしい。
 サラゴサの病院も、これには及ばない。
 この病院は、みずからを誇ってよいだろう。
 この世の慈悲によって生み出された
 七不思議のひとつであることをな。
レオナート たしかにこの病院は、
 美しいこの街にふさわしい建物です。
 ここを見ずにバレンシアを去るのは、もったいないことです。
 それから、私がお話しした女性のことですが、
 彼女は精神病にかかって、この病院に入れられているそうです。
 彼女に会わせてくだされば、たいへんうれしく思います。
騎士 かまわないが、
 しばらく、ここの患者たちを見物させてくれないか?
ピサーノ (レオナートに、小声で)
 もしもし、そこのかた!
レオナート なんだ?
ピサーノ (騎士を指して)
 あの人は騎士のようですが、どなたですか?
レオナート ぼくはあの人の従者だけど、
 じつを言うと、あまりよく知らないんだ。
 だって、従者になったのは、ほんの二日前のことだからね。
 ぼくが、ほかの若い連中といっしょにいたら、
 あの人が話しかけてきて、
 自分の泊まっている宿につれていってくれたんだ。
 アラゴンから来たと言っていたけど、
 それ以外のことは話そうとしない。
 だけど、あの服装や態度から、
 高貴な人だということはわかるよ。
 ぼくはカスティーリャの出身だ。
 見ればわかると思うけど。
ピサーノ あの人に、
 寄付をお願いしてもかまいませんか?
レオナート いいさ。あの人はとても気前がいいからね。
ピサーノ (騎士に)
 だんなさま、恐れ入ります。
 このあわれな者たちに、なにかご寄付をいただけないでしょうか?
騎士 この患者たちは、いまはおとなしくなったのかい?
ピサーノ 中には、ときどき発作を起こす者もおります。
 しかし、いまの時期はおとなしいのです。
騎士 (モルダーチョを指して)
 この患者はだれだ?
ピサーノ 偉大な音楽家で、モルダーチョといいます。
 ですが、それは彼のほんとうの名ではありません。
 気がふれる前は、リサンドロという名でした。
騎士 (詩人を指して)
 この患者は?
ピサーノ ベラルドといいます。
 彼は詩人です。
 有為転変の人生を送ったことで、
 彼の存在はひとつの伝説になっています。 
 もっとも、この舞台では、
 自分たちのほうが彼よりも

 立場が上だと思っている者もいますがね*1
 (ライダを指して)
 ここにいるのは、ライダという娘で、
 病院の理事長の、あわれな召使いです。
 ベルトランという男に恋をして、
 気がおかしくなってしまったんです。
 その男のほうも、正気ではありません。
 (トマスとマルティンを指して)
 あのふたりは、かなり軽快しました。
 ときどき、おかしくなることはありますが。

 

 (レオナートとライダは、しばらく互いに見つめ合っている。)


騎士 (カランドリオを指して)
 この男は?
ピサーノ 有名なポルトガル人です。
 さる高貴なご婦人に恋をしたのです。
 コインブラで気がふれてしまってから、
 『狂えるオルランド』のように、
 世界中をさまよっているのです。
 ここに立ち寄ったので、以前よりはましになりました。
騎士 このような病気にかからずにすんだ者たちは、
 おおいに神に感謝するべきだな。
詩人 (笑って)
 そのことで感謝する者など、ほとんどないでしょう。
 もちろんみな、神への感謝の念は持っているでしょうが。
騎士 なぜだ、ベラルド?
詩人 いまの世において、
 なんの狂気にもおかされていない完全な人間など、
 見つかりませんからね。
 自分の胸によく訊いてごらんなさい。
 あなたの顔を見れば、私にもそれはわかります。
騎士 (やや不安げになり)
 驚いたな!
 この男は、占い師なのか?
ピサーノ とても優秀な学生だったようですよ。
 数学と、占星術も得意だったとか。
ライダ どうして、ベルトランは私をほうっておくの?
 私は、彼のせいでこんなふうになったのに!
カランドリオ (ポルトガル語で)
 コインブラは私を殺し、私に命を与えた。
 おお、コインブラの山々よ!おまえたちは美しい。
 あの、永遠の美をそなえた肉体と、
 その内にある深遠な精神によって。
モルダーチョ 『スザンナ』にまさるモテット*2はない。
 あれを歌う者はみんなそう言っている。
騎士 みんな、奇妙な妄想にとりつかれているんだな。
ピサーノ 彼らに興味がおありのようですね。
 かつてないほど面白い見世物が、今日の午後、行われますよ。
 ご覧になりたければ、私がお連れしましょう。
騎士 それは楽しみだ。
 病院の中も見せてもらえるかね?
 20エスクードを寄付するよ。 
ピサーノ だんなさまに、神のお恵みがありますように。
 ご存知でしたか?
 この病院の理事長は、高貴な身分のかたで、
 奥さまと、姪ごさんをつれて来ていたのです。
 姪ごさんはとても賢くて、美しいお嬢さんでした。
 それなのに、この病院の患者に恋をしてしまったんです。
 彼女は、ひどい恋わずらいで、
 命も落としかねない状態になっています。
 そこで、医師の忠告にしたがって、
 その患者と彼女を結婚させるお芝居をすることにしました。
 お嬢さんは彼と結婚するという妄想にとりつかれているので、
 このお芝居がすめば、きっとおとなしくなるでしょう。
 この結婚式は見ものですよ。
 おそらく、前代未聞のイベントになるでしょう。
騎士 それはおもしろそうだ。
 行こう。患者たちを集めておいてくれ。
 約束どおり、寄付金は払うよ。
ピサーノ 多大なご協力、感謝いたします。
 それではまいりましょう。
 (患者たちに)
 みんな、音を立てずに中に入れよ。
 音を立てたら、鞭で打つからな。
ライダ 私、ベルトランに会いに行くわ。
 ねえ、御者さん!
 この馬車で、王宮に向かってちょうだい!
カランドリオ 美しいリシーダ、
 愛するきみのために、
 ぼくはこれから全インドを征服し、
 ギニア海岸を封鎖するぞ。
モルダーチョ すべての音符が、四分音符だとはかぎらない。
トマス (うんざりした様子で)
 どいつもこいつも、いかれたやつばっかりだ。
マルティン 自分がいかれているってことも知らないのさ。
詩人 おお、ムーサ*3よ!
 なぜおまえたちは、9人しかいないのだ?
 詩人の数は、9千人を下らないというのに!
 だが、おまえたちにとってはたぶん、
 どうということもないのだろう。
 優れた詩人はわずかだし、
 へたな詩人はみな、
 愚か者か、気のふれた者ばかりなのだから。

f:id:lopedevega:20151010012814j:plain

(参考)ラファエロ《パルナッソス》(部分)

ヴァティカン宮殿 1509-10年

アポロ神と9人のムーサ

 

 (全員退場。
  ヘラルドとベリーノが登場。)

 

ヘラルド 先生のご忠告のおかげで、
 あの子の恋わずらいは、
 陽気で楽しいものに変わりました。
 私が彼女とベルトランを結婚させるつもりだと聞くと、
 あの子はすぐに上機嫌になり、
 しゃべったり、食べたり、飲んだりし始めましたよ。
ベリーノ ベルトランとの結婚で、
 彼女の気まぐれが満たされたので、
 彼女は息をふき返し、第二の人生を始めたのだ。
 オウィディウスによれば、
 恋わずらいは薬草では治せない。
 だから、私のとった治療法が、
 最も彼女にとってよい方法だったのだ。 
 ガレノスは恋わずらいについては、
 ほとんど無知だった。
 彼は、それを薬で治せると言っている。
 ほかの病気なら、
 たいていそれで治すことができるが、
 恋わずらいの場合は、
 いわば死をもって病を治すのだよ。
ヘラルド それで、侍女のライダのほうは、
 治る見込みはないんですか?
ベリーノ フェードラの治療が終わったら、
 ライダも治してあげるよ。
 はやく彼女を呼びたまえ。
ヘラルド 治療開始ですね。
 フェードラをここへ来させるように、
 伝えたはずなんですが。
ベリーノ だれか来たようだ。彼女かな?

 

 (フェードラとピサーノが登場。)

 

ピサーノ (フェードラに)
 どうぞ、お入りください。
 それから、くれぐれもご注意を。
 あなたの愛する旦那さまに、
 ことの次第をわからせてくださいよ。
フェードラ それで、ベルトランはどこにいるの?
ヘラルド これから彼をつれてくるよ。
フェードラ ということは、ここで結婚式を挙げるのね?
ヘラルド あとは、司祭が来るのを待つだけだ。
ピサーノ (ベリーノに)
 アラゴンから来た高貴なおかたが、
 20エスクードを寄付してくださいました。
 そのかたが、この結婚式の宴を見たいとおっしゃっているのですが、
 かまいませんか?
ベリーノ 見たい者はだれでも入ってくればいい。
 なにも問題はないよ。
フェードラ もし私がこの勝負に勝ったら、
 あなたにも、なにかあげるわね。

 

 (ピサーノ退場。)

 

ヘラルド さあ、フェードラ。
 少し休むといい。
 自分がだれなのか、思い出したか?
フェードラ あのおばかさんがまだ到着してないのに、
 私が正気に戻れるわけないでしょう?
ヘラルド それでは、結婚した後なら、
 戻れると思うか?
フェードラ ええ、ええ、もちろん!
 私の病気なんて、たいしたことないわ。
 ちょっと嵐が吹いたせいで、海が荒れたけど、
 私の船は慎重に航海しながら、
 助けが来るのを待っていたの。
 遠くのほうに港が見えたから、
 まっしぐらに進んで、ここへ着いたのよ。
 船首飾りはなくなったし、
 船にも穴があいちゃったけど。
ヘラルド おまえの病気が、
 軽いものであると信じているよ。
フェードラ どうしてここへ、
 ドン・ベルトランをつれてこないの?

 

 (騎士、レオナート、ピサーノが登場。)

 

騎士 あなたの許可をいただきましたので、
 この結婚式の宴を拝見します。
ヘラルド こちらこそ、光栄です。
フェードラ (軽蔑したように)
 この田舎者はだれなの?
ヘラルド (ピサーノに)

 おい!椅子やベンチを持ってこさせろ。
 見物席を作ってくれ。
 それから、今日おとなしくしている患者たちを解放するんだ。
 観客がいなかったら、結婚式はできないからな。

 

 (ピサーノ退場。)

 

フェードラ もちろんよ!
 ねえ!東から西まで、
 世界中に、この結婚のことを知らせて。
 もしもドン・ベルトランが噂どおり、
 シャルルマーニュ帝の十二勇士のひとりなら、
 ボタンやフリンジをつけた小姓をパリに送って、
 この結婚のことを伝えてちょうだい。
 彼の兄弟はフランス王のピピンで、
 お母さんはカライーノスで、
 お父さんはランスロット*4よ。
 ランスロットがイギリスからやってきたときに、
 彼が生まれたってわけ。

 

 (ピサーノと何人かの患者たちが、ベンチを運びながら登場。)

 

ピサーノ (ベンチを並べ終ってから)
 見物席ができました。
ヘラルド (騎士に)
 どうぞ、お座りください。
騎士 お気遣いなく。
ヘラルド おーい!椅子も持ってこい。
騎士 そんなに、おおげさにしなくて結構ですよ。
フェードラ それで、私の座る場所はないの?
 ねえ!ひな壇を持ってきてよ!
ベリーノ (ピサーノに)

 新郎をつれてきたまえ。
ピサーノ わかりました。呼びに行かせます。
フェードラ (ヘラルドに)

 うれしいわ!ありがとう!
 やっと私の苦しみをわかってくれたのね?
ヘラルド ここで結婚式を挙げたら、
 正気を取り戻したと私に言ってくれるね?
フェードラ 結婚さえしてしまえば、
 この騒ぎも一件落着よ。
 でも、私は心配なの。
 この結婚式が、すべてうそなんじゃないかって。
 私をだましたりしないでね。
 そんなことをしたら私、
 叔父さんの前からいなくなるわよ。
 私をやりこめようなんて思わないで。
ヘラルド 私がおまえをだまそうとしているだなんて、
 くだらないことを言うんじゃない。
フェードラ 叔父さんが、私の病気を心配してくれているのはわかるわ。
 でも、どうか教えて。
 だれがこの結婚の立会人になってくれるの?
ベリーノ (騎士に)
 だんなさま、
 あなたの従者に、それをお願いしてもいいですか?
騎士 結婚式にそれでは、失礼でしょう。
 私がやりますよ。
ベリーノ (あわてて)
 いえ、従者でじゅうぶんです。
騎士 そうですか。では、レオナート!
レオナート はい?
騎士 おまえは、結婚式の立会人になってくれ。
レオナート あのスモックを着るのは不安です。
 精神疾患は感染するそうですから。
 それに、気のふれた者たちの中に、理性などありませんからね。

 もっとも、美しい狂気というものを見ると、
 私も羨望を抱いてしまうこともありますが。
フェードラ あなたはだれ?立会人なの?
レオナート 私は、トレドの郷士*5です。
フェードラ あなたの脳みそは健康なの?
レオナート 長旅で弱ってはおりますが、
 お手伝いはじゅうぶんできます。
フェードラ それなら、あなたは鐘を鳴らして。
 りっぱな方のようだから。
ベリーノ 新郎が来たぞ。
ヘラルド 出迎えに行こう。

 

 (患者たちが二人一組になって登場。
  マルティンとトマス、
  詩人とカランドリオ、
  ライダとモルダーチョ、
  その後ろにピサーノがフロリアーノの手を取って歩く。
  フロリアーノには、できるだけ奇妙な衣装を着せること。)

 

ヘラルド ふたりはここに座ってくれ。
 ライダも立会人になってくれ。
ライダ (怒って)
 私をこの結婚式の
 立会人にするっていうの?
 台所で料理をしているほうがましよ!
 冗談じゃないわ!
 嫉妬の角だけでもじゅうぶん苦しいのに、
 この結婚に同意するなんて、
 二重の意味で地獄じゃない!
ベリーノ やめないか!
ライダ こんなところに、とてもいられないわ。
 私の眼は、感じやすいのよ。
 (泣きながら走り去る。)

 

 (フェードラは怒って、ライダの後を追いかける。)

 

バレンシアのらんちき騒ぎ(12/12)(終) - Buenaguarda: las comedias de Lope de Vega

 

バレンシアのらんちき騒ぎ(10/12) - Buenaguarda: las comedias de Lope de Vega

*1:詩人のベラルドは、おそらくロペ自身がモデルです。ロペは初期に書いた詩の中で、ベラルドという名の人物にしばしば自己の心情を語らせています。

*2:声楽曲の一種。

*3:文芸の女神である9人の姉妹。

*4:アーサー王物語における円卓の騎士のひとり。

*5:レオナートは実際は郷士ではありませんが、ここではフェードラが満足するように嘘をついています。