Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

お知らせ:翻訳中間報告・ロペのあらたな草稿発見

 長らくお休みしていてすみません。『バレンシアのらんちき騒ぎ』の翻訳は、現在、第一幕まで終わりました。これから少しペースを上げようと思います。

 

 9月中旬にマドリードに行くのですが、セルバンテス通りにある「ロペ・デ・ベガ邸宅博物館(Casa Museo Lope de Vega)」を訪問する予定です。ロペが住んだ家を再建したもので、展示されている家具の中には、ロペ自身が使用したものも含まれているそうです。

www.esmadrid.com

 

 撮った写真はブログで紹介することができませんが(個人的使用に限るそうです)、見学してきたら報告記事を書きます。

 

 さて、最近になって、スペイン国立図書館から、未刊行のロペのコメディア『女たちと従者たち(Mujeres y Criados)』の草稿が、スペインとアメリカの研究者たちによって発見されました。今年の5月にマドリードのテアトロ・エスパニョールで上演されています。

www.hoyesarte.com

 

 生前のロペの戯曲リストには載っていたものの、失われたと思われていたロペの最盛期(1610年)の作品です。上流階級の姉妹と、プライドの高いその婚約者たち、姉妹と恋をする魅力的な従者たちなどによる恋愛喜劇で、ロペが得意とした「貴婦人と従者の恋愛」が描かれています。