読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

バレンシアはお好き?(続き)

 私がバレンシアに行ったのは2012年の6月でした。バルセロナから日帰りというあわただしい滞在だったので、カテドラル(大聖堂)と聖ピオ5世美術館しか見られませんでしたが、それだけでもとても見応えがありました。次に行く機会があれば、ラ・ロンハなどもじっくり見たいものです。

 

 カテドラルの天井画は修復直後ということもあり、とても美しかったです。ルネサンス時代のイタリア人画家パオロ・デ・サン・レオカディオの作です。

f:id:lopedevega:20150511002425j:plain

 

 祭壇画は、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響を受けたといわれるフェルナンド・ヤーニェスらによる作。枡目型に区切られた、比較的珍しい構成の祭壇画です。

f:id:lopedevega:20150511002455j:plain

 

 殉教者聖ビセンテの腕が公開されています。

f:id:lopedevega:20150511002523j:plain

 バレンシアは、ローマ教皇チェーザレ・ボルジアなどを輩出したボルジア家(スペイン語ではボルハ)の発祥の地でもあります。カテドラルには、イエズス会士となったフランシスコ・デ・ボルハの奇跡を描いたゴヤの絵があります。

f:id:lopedevega:20150511002606j:plain

 こちらは15-16世紀に活動した画家ビセンテ・マシップが描いた聖ミカエルの祭壇画。これも近年修復されたのでしょうか。色彩が鮮やかで美しいです。

f:id:lopedevega:20150511002635j:plain