読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

文献紹介

 ロペの戯曲、およびスペイン黄金世紀の演劇に関する書籍(和書)をいくつか挙げておきます。

 

バロック演劇名作集 (スペイン中世・黄金世紀文学選集)

バロック演劇名作集 (スペイン中世・黄金世紀文学選集)

 

  戯曲『フエンテ・オベフーナ』、演劇論『当世コメディア新作法』の邦訳があります。

 

スペイン黄金世紀演劇集

スペイン黄金世紀演劇集

 

  戯曲『オルメードの騎士』『農場の番犬』の邦訳があります。

 

  スペイン黄金世紀の大衆演劇について、劇作家の紹介のみならず、その歴史や特色、劇場の構造や役者たちなどについて包括的に紹介されています。私が『ばかなお嬢様』という題で訳したロペの戯曲は『愚かなお嬢様』という題で考究されています。そのほか、『ペリバーニェスとオカーニャの騎士団長』『復讐なき罰』などの主要作品のプロットが紹介されています。

 

 なお、私はロペ・デ・ベガと表記してしまいましたが、これらの和書ではロペ・デ・ベーガと表記されています。スペイン語固有名詞の和訳で、長音をどこに使うかは微妙な問題です。私がベガと表記しているのは単なる趣味なのですが、これらの邦訳にならって、ベーガとしたほうがいいのかもしれませんね。今のところはベガと表記したいのですが、すごくこだわりがあるというわけでもないので、後で修正するかもしれません。

 佐竹先生はどっちかというとカルデロンのほうがお好きかも?ロペが多作なのは言うまでもないですが、ティルソ・デ・モリーナもカルデロン多様性に富んだコメディアを書いているので、もっともっと翻訳が出ればいいのになあ、と勝手に期待しております。