Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

ばかなお嬢様(7/12)

第十場
(トゥリーンが入ってくる。)

 

トゥリーン オタービオ様、ここにいらしたんですね!
オタービオ どうしたんだ?そんなに慌てて。
トゥリーン 私の主人のリセオが、決闘しようとしているんです。
 ニーセ様に詩を作って聞かせたりしている、
 あの気取り屋のラウレンシオと。
オタービオ(傍白)親が子どもをりっぱに育てようとしても、
 子どもが勝手気ままにふるまうんじゃ、お手上げだ。
 リセオはきっと、ラウレンシオがフィネアを口説いていることに
 気づいてしまったんだろう。
 やっかいなことになった!
 (トゥリーンに)ふたりはどこへ行ったんだ?
トゥリーン ロス・レコレトス修道院のほうです。
オタービオ 追いかけよう。まったく、ばかなことを!

 オタービオとトゥリーンは退場。

 

第十一場
(クララ、フィネア)

 

クララ お父様は、怒っておられたみたいですよ。
フィネア どうすればいいと思う?
クララ なんで、手紙を読んでもらったりしたんですか?
フィネア 後悔してるわ。
クララ これじゃ、もうラウレンシオ様と会うことはできませんよ。
フィネア クララ、それは、生きるのをやめるのと同じだわ。
 あの人が私に話しかけてきたときから、
 私はほんとうに自分で生きてきたのかしら?
 だって、生きるっていうことが私の考えているようなものだとしたら、
 それは、ラウレンシオがもってきてくれたんだもの。
 眠っているときも、彼の夢を見るの。
 食べているときも、彼のことを考えるの。
 水を飲んでいるときも、水面に彼の影を見るの。
 鏡をのぞくと、そこに映った自分の像が、
 違うもののように見えたことあるでしょう?
 私もいま、鏡を見るとそうなるのよ。
クララ 驚きました。あなたは、ずいぶん変わりましたね。
 まるで別人みたいですよ。
フィネア そうでしょう?
クララ ラウレンシオ様は、あなたにとって最高の先生ですね。
フィネア だとしても、お父様の言葉には従わなくちゃいけないわ。
 私は約束してしまったんだもの。
クララ 私も、ペドロのことはあきらめます。
フィネア あなたは恋をあきらめたりしないでよ、クララ。
クララ 私が恋をしたのは、あなたが恋をしていたからですよ。
 あなたが忘れるなら、私も忘れます。
フィネア ラウレンシオに恋したりしなければよかった。
 でも、このままではよくないのは確かだわ。
 彼を忘れなきゃいけないってことを、うっかり忘れてしまいそうになるけど。

 二人は退場。
 
第十二場
〔牧草地〕
(リセオとラウレンシオが入ってくる)

 

ラウレンシオ リセオ、剣を抜く前に、
 きみとぼくが決闘をしなければならない理由を教えてくれないか?
リセオ いいだろう。
ラウレンシオ フィネアのことでぼくに腹を立てているようだけど、
 彼女はまだ、正式にきみの妻になっていないんだから、
 ぼくにも彼女に近づく権利はあるはずだ。
 じっさい、口説いたのはぼくのほうが先だったんだし。
リセオ でまかせを言うな。
 きみが、あんなばかな娘を好きになるとは思えないね。
ラウレンシオ いまは好きだよ。おかしいか?
 ぼくは、家柄は悪くないが、経済的には困っている。
 だから、フィネアの持参金をあてにしているんだ。
 ぼくがこんなことを言ったからって、怒らないでもらいたいね。
 フィネアとの正式な結婚を先延ばしにしたのは、きみじゃないか。
 おかげで、ぼくの計画は順調に進んでいるよ。
 ぼくは、決闘で戦う前には、
 互いに本心をさらけ出すべきだと思っている。
 こんなときに嘘をつくほうが、むしろ恥ずべきことだ。
リセオ それじゃ、きみはニーセのことは、なんとも思っていないのか?
ラウレンシオ 好きだったよ、以前はね。
 しかし、彼女の持参金は1万ドゥカードだ。
 4万と1万とでは、3万の差がある。
 だからぼくは、4万のほうに乗り換えたってわけだ。
リセオ わかった。それならぼくもはっきり言おう。
 きみがフィネアと結婚したいのなら、そうしてくれ。
 ぼくはきみの邪魔をする気はない。
 フィネアの顔は問題ないけど、
 頭の中身が、おおいに問題なんだ。
 どんなに良縁だと言われても、ぼくは彼女を好きにはなれない。
 ぼくが好きになったのは、ニーセのほうだ。
 ひと目で恋に落ちてしまった。
ラウレンシオ ニーセ?
リセオ そうだよ。
ラウレンシオ それなら、ニーセはきみのものだ。
 ぼくは、かつて彼女に恋していたときの思い出をきみにあげるよ。
 ぼくの欲望、愛情、
 不安、夜更かし、不眠、
 疑惑、嫉妬、そんなものを全部。
 きみはこの持ち札を持っていって、彼女と一勝負やればいい。
 きっと彼女は勝てっこない。
リセオ ありがたくいただくよ、ラウレンシオ。
 使うかどうかはわからないけどね。
 ぼくは、金には困っていない。
 だから、好きなもののために金を惜しむつもりはない。
 ニーセは賢くて、すてきな女性だ。
 ぼくはそれほど持参金がほしいわけじゃない。
 ぼくにはもともと財産があるんだ。そして、美しい彼女を愛している。
ラウレンシオ それはよかった。ぼくの場合は金がないから、
 生活のために結婚したいと思っている。
 その相手がフィネアなら、彼女をぼくの家宝にするよ。
 財産関係の契約書は、机の引き出しにしまってあるだけで、
 一年分の生活費を出してくれる。
 家の土台は、固い石でできているからこそ、
 漆喰と煉瓦でできた壁を支えることができる。
 そして家は、持ち主に千ドゥカードの利益をもたらしてくれる。
 ぼくにとってフィネアは家であり、契約書であり、
 不労所得であり、果樹園なんだ。
 彼女は、スカートをはいた財産だ。
 その上、ぼくを好きになってくれるというなら、なにも言うことはない。
 妻として、夫を大事にするという以上にすばらしい才能はないからね。
リセオ わかった。ぼくは今後、きみが彼女と結婚できるように、
 できるだけ手助けすると約束しよう。
ラウレンシオ リセオ、ぼくはきみがニーセと結婚できるように
 手助けすると約束するよ。
リセオ われわれは今から親友になろう。
 いまどきの上品ぶった連中とは違って、
 友情を重んじていた古代ギリシャ人たちのように、握手を交わそう。
ラウレンシオ (リセオと握手しながら)ぼくは、きみのピュラデスだ。
リセオ ぼくは、きみのオレステスだ。
 〔*オレステスは古代ミュケナイの王子で、ピュラデスはその親友。〕

 

第十三場
(オタービオとトゥリーンが入ってくる)

 

オタービオ あそこにいるのが、リセオとラウレンシオか?
トゥリーン そうです。
オタービオ 戦っているようには見えないぞ。
トゥリーン きっと、あなたの姿が見えたから、ごまかしているんですよ。
オタービオ (リセオとラウレンシオに向かって)おーい!
リセオ オタービオさん、こんにちは!
オタービオ こんなところで、何をしているんだ?
リセオ ぼくは、お宅へ伺ったときから、
 ラウレンシオと仲よくしているんですよ。
 だから、彼と一緒にここへ散歩に来たんです。
 彼とはお互いに、何でも腹を割って話せる関係になりました。
オタービオ きみたちが親しくなったのなら、私もうれしいよ。
 私は、友人の庭園を見に行ってきたところだ。
 一緒に帰ろうか?
リセオ ありがとうございます。
ラウレンシオ 光栄です。
オタービオ(トゥリーンに小声で)トゥリーン、なぜあんな嘘をついたんだ?
トゥリーン 嘘じゃありませんよ。
 あの人たちは、バツが悪いからあんなことを言っているだけです。
 争いごとっていうのは、お互いがカッカしているうちはいいですが、
 頭が冷えてくると、つまらないことに思えて、
 たいていは立ち消えになってしまうものですからね。
 まあ、そうでなかったら、この世から人がいなくなってしまうでしょうけど。
オタービオ 仲直りをしたにしては、早すぎないか?
トゥリーン いいじゃないですか。
 おかげで二人とも、若死にしないですんだんですから。

 四人は退場。

 

第十四場
〔オタービオの家の一室〕
(ニーセ、フィネア)

 

ニーセ あんた、態度が大きくなってきたわね。
 前はそんなふうじゃなかったのに。
フィネア 失礼なこと言わないでよ。
 私はなにも変わってないわ。
ニーセ 前は、もっとばかだったじゃない。
フィネア そうね。
 いまは、ニーセの言うことが、あまり気にならないかも。
ニーセ 誰があんたをそんなふうに変えたの?
 特別なレッスンでも受けたの?
 ずいぶん、物覚えがよくなったわね。
 アナカルディーナ(*食べると物覚えが良くなると言われる菓子)
 のおかげ?
フィネア 私にレッスンをしてくれたのは、
 アナでもカタリーナでもないわ。
 私はなにも変わってないって言ってるでしょう?
 変わったとすれば、少しだけ慎重になってきたくらいよ。
ニーセ あんたは、ラウレンシオが私のプレンダ(prenda=恋人)
 だってことを知らないみたいね。
フィネア ラウレンシオがあなたのプレンダ(*担保という意味もある)?
 誰がそんなことをしたの?
ニーセ それは…恋のしわざよ。
フィネア ほんとに?
 それなら、私がラウレンシオを受け戻したことになるわね。
 恋が、私にラウレンシオをくれたんだから。
ニーセ なんて憎たらしいことを言うの!
 今にみてなさい!このバカ女!
フィネア ニーセ、ラウレンシオが好きだからといって、
 私と彼を分け合えるなんて思わないでね。
 私がこれまでの人生で覚えたことは、
 みんな彼が私に話してくれたことなのよ。
 私が知っていることも、私が学んだことも、みんなそうなの。
ニーセ たしかにあんたは、ずいぶん物知りになったわね。
 だけど、今からはもう、彼のことを考えるのはやめなさい。
フィネア 彼って?
ニーセ ラウレンシオにきまってるでしょう。
フィネア ああ、そうだったわ!
 もちろんそうするつもりよ。だから、もう心配しないで。
ニーセ 彼があんたを見つめても、
 すぐ視線をはずさなくちゃだめよ。
フィネア わかったわ。
ニーセ フィネア、ラウレンシオを私に返してほしいの。
 あんたには夫がいるんだから。
フィネア 私、ニーセと仲よくしたいわ。けんかなんてしないわ。
ニーセ ありがとう。それじゃあ、またね。
フィネア さよなら。

 ニーセは退場。

 

第十五場
(ラウレンシオが入ってくる)

 

フィネア わけがわからなくなってきちゃった。
 私って、ついてないのね。
 みんなに、こんなふうに責めたてられるなんて。
ラウレンシオ(傍白)気まぐれな運命の女神よ、
 どうかぼくの元にとどまっていてくれ。 
 ぼくが望みをかなえるには、おまえが必要なんだから。
 (フィネアに気づく)やあ!ここにいたの?
 会えてうれしいよ。
フィネア もう、わたしに会いに来ちゃだめよ、ラウレンシオ。
 みんなが、あなたのことで私を責めるの。
ラウレンシオ みんなが?ぼくのことを、どう言っているんだ?
フィネア 教えてあげるわ。
 ええと…ああ、なにも考えられない。
 私の心は、どこにいっちゃったのかしら?
ラウレンシオ きみの心?
フィネア そうよ。
ラウレンシオ それは、きみの中にあるよ。
 だって、ぼくの中にいる心は、
 もっとうれしい気持ちでいるんだから。
フィネア あなたには、私の心が見える?
ラウレンシオ いいや、見えない。
フィネア (振り払うような身ぶりをしながら)ニーセが私に、
 もうあなたのことを考えてはいけないと言ったの。
 だから出ていって。
 私の心の中に入ってこないで。
ラウレンシオ(傍白)フィネアは、ぼくが彼女の心の中にいると思っているのか。
 それで、それを追い出そうとしているんだな。
フィネア ニーセは言ったのよ。あなたが私を見つめても…
ラウレンシオ (フィネアを見つめて)見つめてるよ。それで?
フィネア (ラウレンシオを見つめて)すぐに視線をはずさなくちゃいけないの。
ラウレンシオ できないよ。きみを愛してるのに。
フィネア (ラウレンシオにハンカチを渡して)
 おねがい、あなたがこのハンカチで視線をはずして。
 私の目の中に入っちゃったじゃない。
ラウレンシオ (ハンカチでフィネアの目をふき)もうないよ。
 大丈夫、落ち着いて。
フィネア もう、私の目の中からなくなったわよね?
ラウレンシオ (フィネアを見つめて)また入ったよ。
フィネア (ラウレンシオから目をそらして)
 これじゃあ、意味ないわ。あなたの目をふいて。
 私の目に視線が入らないように。
ラウレンシオ かわいいね、きみは。
フィネア (ハンカチを見て)今はずした視線は、ニーセにあげてよ。
ラウレンシオ (再びフィネアの目をふき)
 きみの目も、これできれいになった。
フィネア 大丈夫?
ラウレンシオ ほら。
フィネア (ハンカチを見て)
 ラウレンシオ、やっぱりそれはニーセには渡さないで。
 なんだか、つらくなってきたの。
 まだ、あなたに伝えたいことがあるのよ。
 あなたと私が抱き合ったことを、お父様がすごく怒っているの。
ラウレンシオ(傍白)そいつはまずい!
フィネア だから、このことも帳消しにしなくちゃ。
 でないと、お父様に叱られるわ。
ラウレンシオ どうすればいいかな?
フィネア 今ここで、帳消しにしましょう。
 抱き合う(abrazar)んじゃなくて、
 抱き離れる(desabrazar)方法を知らない?
ラウレンシオ (フィネアを抱いてから、右手を挙げる)右手を挙げたよ。
 なるほど、これは名案だね。
 左手も挙げたよ。
 これでもう、抱き合っていない。
フィネア ちゃんと抱き離れた?
ラウレンシオ もちろん。

 

ばかなお嬢様(8) - buenaguarda

ばかなお嬢様(6) - buenaguarda