Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

『アマルフィ公爵夫人の執事』とは

アマルフィ公爵夫人の執事(El mayordomo de la Duquesa de Amalfi)」は、ロペが1599年から1606年の間に書いた戯曲とされています。実在の女性ジョヴァンナ・ダラゴーナをモデルとしてイタリアのバン デッロが書いた小説がもとになっており、同じ小説からイギリスの劇作家ジョン・ウェブスターが『モルフィ公爵夫人』を書きました。
 アマルフィ公爵夫人は若くして夫を亡くしたため、優秀な執事アントニオを雇い、幼い息子を養育しています。アントニオに恋をした公爵夫人は、身分の違いを無視して彼との結婚を望みますが・・・

 

アマルフィ公爵夫人の執事』を読み始めるならこちらからどうぞ。↓

アマルフィ公爵夫人の執事(1) - buenaguarda

原文参照URL:
http://www.cervantesvirtual.com/obra/el-mayordomo-de-la-duquesa-amalfi-comedia-famosa--0/

英訳参考文献:

Lope De Vega, Roja Zorrila, translated by Gwynne Edwards, Geoffrey Edwards
Three Spanish Golden Age Plays: The Duchess of Amalfi's Steward; The Capulets and Montagues; Cleopatra: "Duchess of Amalfi's Steward", (Play Anthologies)
Bloomsbury Methuen Drama; 1版 (2014/7/17) [Kindle版]