Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

『守護天使』 (La buena guarda)

『守護天使』あらすじ(結末含む)Argumento de "La buena guarda"

(第一幕)カーニバルの日、シウダー・ロドリゴの街に建つ女子修道院の聖堂へ若者たちがやってくる。サクリスタン(聖具管理人)のカリーソは信心深い人物として知られており、ミサに遅刻した女性たちに長々と嫌味を言って若者たちに煙たがられる。しかし、…

守護天使(12/12)(終)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第三幕)クララは修道院へ戻り、天使が自分の姿になって修道院を守っていたことを知る。フェリックスとカリーソも修道院へ戻り、偽のカリーソと遭遇する。クララとフェリックスは修道院で再会する。

守護天使(11/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第三幕)クララは幻に悩まされる。再びクララのもとに羊飼いが現れる。クララは修道院へ戻ることを決意する。いっぽう修道院では、クララの姿をした天使にドン・ペドロが、ドン・カルロスの不品行を話す。天使の叱責によってド…

守護天使(10/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第三幕)フェリックスとカリーソは山賊に遭遇する。いっぽうトレドでは、村人のリセーノとその息子のコスメが登場し、3年前に迷いこんできた女性フアナの話をする。

守護天使(9/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第二幕~第三幕)フェリックスはカリーソに自分の体験を話し、二人はクララに手紙を残して去る。クララは自分の行いを悔いて嘆く。数年後、フェリックスとカリーソがイタリアから戻ってくる。

守護天使(8/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第二幕)フェリックス、クララ、カリーソはトレドへ向かう。ドン・カルロスはクララの姿をした天使に説得され、復讐を思いとどまる。

守護天使(7/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第二幕)フェリックスとクララは幸福な時間を過ごす。クララの膝でフェリックスが眠っているときに羊飼いが現れ、クララと話をする。

守護天使(6/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第二幕)クララは聖母マリアに祈り、残された修道女たちのことを託す。聖母は天使を呼び、クララに代わって修道院を管理することを命じる。ドン・カルロスは自分を中傷した者を殺す計画を立てる。

守護天使(5/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第一幕~第二幕)カリーソはドン・カルロスから受け取った手紙を誤ってクララに渡してしまう。クララのもとにフェリックスが現れ、絶望して自殺しようとする。クララはフェリックスを愛していることを告白し、二人はカリーソを…

守護天使(4/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第一幕)フェリックスは祈りや苦行をしても恋心が消えないことをクララに訴える。クララはフェリックスに罪の告解を命じる。ドン・カルロスは、自分を中傷する者がいるためにエレナとの縁談がこわれそうになっていることをカリ…

守護天使(3/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第一幕)フェリックスはクララに愛を告白する。クララは誘惑に負けずに祈ることを勧める。クララの父ドン・ペドロのもとへドン・カルロスが現れ、クララの妹エレナとの結婚を望む。カリーソが挨拶にやってくる。

守護天使(2/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第一幕)カリーソは音楽に合わせて踊る。執事のフェリックスが登場。修道院長クララへの想いを抑えきれず、告白しようとする。

守護天使(1/12)

ロペ・デ・ベガ『守護天使』(第一幕)修道院のミサに来た若者たちにサクリスタンのカリーソが説教をする。

『守護天使』とは

『守護天使La buena guarda』は、ロペが1610年に書いた戯曲です。 直筆原稿での題名は『よく守られし委託La encomienda bien guardada』でしたが、最終ページで題名が『La buena guarda』に変更されており、1621年に出版されたときも後者の題名になっていま…