Las comedias de Lope de Vega

17世紀スペインの劇作家ロペ・デ・ベガの未邦訳作品を翻訳しています。Traducciones (relativamente libres) de unas comedias de Lope ineditas en japonés. はじめての方はカテゴリー「このブログについて」からご覧ください。無断転載はお断りいたします。

いつのまにこんなことに?(De cuándo acá nos vino)

ロペへの帰属:確実

執筆年代:1612年以降

種類:都会的な同時代劇

補足:同じ男性に恋して争う母と娘が描かれる。17世紀にフランスでも上演された記録があり、『偽の息子(El hijo fingido)』というサルスエラの題材にもなった。2009年に国立古典演劇劇団(CNTC)によって上演された。

参照元

ARTELOPE. Base de datos y Argumentos del teatro de Lope de Vega

 

  フランドルに遠征していた兵士のレオナルドは、勤めを終えてスペインへ帰ることになる。彼は、父親のように自分をかわいがってくれた司令官のファハルドに別れを告げる。ファハルドは、マドリードに住む自分の妹バルバラへの手紙をレオナルドにことづける。

 

 バルバラには、結婚前に死んでしまった恋人との間に生まれた娘アンヘラがいる。ドン・エスバンドン・オタービオという騎士がアンヘラに言い寄っているが、バルバラは用心して彼らを娘から遠ざける。エスバンとオタービオは、バルバラとアンヘラに仕える従者ロペを買収して情報を得ている。

 

 マドリードに到着したレオナルドは、偶然アンヘラを見かけて、心をひかれる。その後、レオナルドは賭博をして所持金をすべて失ってしまう。彼の同僚ベルトランは悪知恵をはたらかせて「ファハルドの手紙を偽造し、バルバラにきみがファハルドとフランドルの女性との間にできた子どもだと思わせよう」とレオナルドに提案する。

 

 レオナルドはベルトランの計略に乗り、ファハルドの手紙を偽造してバルバラに渡す。バルバラはレオナルドをファハルドの息子だと思い込み、彼を手厚くもてなしてベルトランとともに家に住まわせようと申し出る。アンヘラもレオナルドを気に入り、彼をこころよく迎える。

 

  アンヘラの心を射止めたいと願うレオナルドであったが、バルバラのほうが彼に恋心を抱いてしまう。困ったレオナルドは、バルバラの興味をベルトランに向けさせるためにベルトランに彼女を口説くよう依頼する。しかし侍女のルシアに興味を抱いているベルトランはそれを断り、「きみはバルバラと結婚すれば、アンヘラのそばにもいられて楽しいじゃないか」とうそぶく。

 

 アンヘラもレオナルドに恋をする。レオナルドはアンヘラに恋心を告白するが、嫉妬したバルバラがそこに介入する。バルバラがレオナルドに接近しようとしているのを知ったアンヘラは、怒ってそれを妨害する。

 

 アンヘラは「レオナルドと結婚したい」と母に告げる。バルバラはルシアと共謀して、レオナルドがほんとうはアンヘラの兄なのだとアンヘラに信じ込ませる。落胆したアンヘラはレオナルドとの結婚をあきらめ、エスバンとの結婚を選ぶ。

 

 エスバンとの結婚をアンヘラから告げられたレオナルドは、なにかわけがあるのではないかと怪しむ。しかしベルトランは、財産のあるバルバラと結婚することをレオナルドに勧める。

 

 レオナルドは、バルバラとの結婚を承諾する。バルバラのたくらみに気づいたアンヘラは怒り、エスバンとの結婚を拒否する。レオナルドとアンヘラは互いの愛情を確認し合い、バルバラをあざむく計画を立てる。

 

 ロペは、エスバンとオタービオに「最近バルバラとアンヘラはいつも言い争っていて、レオナルドがまるで主人のように家を支配している」と報告する。彼らは「いつのまにこんなことになったのか?」と不思議がる。

 

 レオナルドは、バルバラとの結婚話をすすめるふりをしながら、アンヘラとの関係を深めていた。しかしファハルドがフランドルから戻ってきたという知らせを聞き、レオナルドはあわててベルトランとともにバルバラの家から逃げ出す。

 

 バルバラと会ったファハルドは、レオナルドが自分の息子のふりをして妹と姪をあざむいていたことを知る。怒ったファハルドはレオナルドの後を追う。

 

 レオナルドを発見したファハルドは、自分の信頼を裏切った罰を与えようとする。しかしレオナルドは「あなたを侮辱するために嘘をついたのではなく、あなたを父親同然に思っていたがゆえに、あなたの姓を名乗る名誉を得たいと思ったのです」と言葉巧みに彼を言いくるめてしまう。彼の愛嬌に屈したファハルドはレオナルドの嘘につき合い、妹をだまし続けることにする。

 

 ファハルドはアンヘラを呼び出し、彼女が愛しているのはレオナルドであることを確かめる。ファハルドはバルバラの家族、従者、アンヘラへの求婚者たちを呼び集める。

 

 ファハルドの助言によって、レオナルドとアンヘラ、バルバラとベルトラン、ロペとルシアが結ばれて幕となる。

 

 


¿ De cuando acá nos vino ?


¿De cuándo acá nos vino? - CNTC